BlogHappy Mind Creator

未来を見据える力、過去から学ぶ力 ~向上的変容を促す思考と行動~

3月も中盤に差し掛かり、だいぶ春らしい季節へと移り変わってきましたね~

毎年このタイミングで東日本大震災のことを思い起こすわけですが、もうあれから11年が経過。当日のことは鮮明に覚えています。コンサルティング先の幼稚園でスタッフとの個人面談中に教室が大きく揺れました。その瞬間はかなり大きな地震だな~としか思っていなかったのですが、数分でいつもの地震レベルではない状況であることはまわりの先生たちの慌ただしい状況から察知できて・・・もちろんそこからは仕事どころではなく、子ども達の安全確保に動いたことを思いだします。

そして、当時書いたブログに掲載した素敵なニュース報道のエピソードを今年も思い出す。

商品が少なくなったコンビニのレジにお菓子を持ちながら長蛇の列に並んでいた子どもが、なんだかしばらくじっと考え込んで・・・そのあと、お菓子をもとの場所に置きに行き、手に握りしめた小銭をレジ横の義援金募金箱に入れて黙って帰っていったそうです。そのシーンを見たレジ店員が震える声で「ありがとうございました」とその子どもに伝えたそうです・・・

このエピソードは、個人的に心にぐっとくるもので、これってその子どもにとってはものすごく大切なことに気付いた瞬間ですよね。

つまり「互助の精神」に!!

自分のためではなく人のために行動できた瞬間ですよね。素晴らしい成長の瞬間ですよね。そして、それを見逃さずちゃんと感謝を伝えた店員さんも素晴らしいですね。それが素晴らしい行動ですよと教えてあげたし、互いに確認し合ったわけですから。

今、ロシアとウクライナでは戦争が勃発しています。いろいろな理由はあるんでしょうが、まあ簡単に言えば、互助の精神とは真逆の思想での対立から、民間人や子ども達までもが巻き込まれて死者がでている。

自分が生きている時間軸の中で、11年前には東日本大震災が起こり、そして今は戦争が起こっている。こればかりは、自分一人の力でどうにもコントロールできるものではないのも現実。

だからこそ大切なことは何か?

『過去や今から学び、素敵な未来を見据える行動を一人ひとりが自分事として起こすこと』

だと思いますね。

上記の子どもは、まさに今起こっていることをちゃんと自分なりに考えて、素敵な未来を見据える行動を自分事として起こすことができたわけです。このような行動を多くの人々が繰り返すプロセスが素敵な未来と正しい歴史を積み上げていくのでしょう。

でも、過去に起こったことや、今起こっていることを反省して学ぶことをせず、独りよがりで自分勝手な行動を起こす人が多ければ多いほど、素敵な未来にはつながらず、歴史が間違った方向へと動き出す・・・

以前、尊敬する野口芳宏先生からいただいた大切にしている言葉

好きか嫌いかは自分が決める

良いか悪いかは社会が決める

正しいか正しくないかは歴史が決める

つまり、歴史や過去に起こったことを学ぶということが、正しい判断力をつけていく上で大切だということ。そして、物事は短期軸で見ていると間違ってしまう可能性もあり、長期軸で見ることも大切にしなさいという教えだと思っています。

その蓄積の中で、未来を見据える力がついていくのでしょう。

だから、今も大切だけれど、自分の生きている時間軸よりももっとモノサシを広げて、人類の歴史の中で何が起こりその後どうなったのかを知ることは、人生においてとても大切なことではないでしょうか。でも、以前の自分の歴史の勉強って、テストにでるからそれが起こった年号を必死に覚えるだけだったような・・・

今自分が子ども達の先生という立場だったら、年号を覚えることよりも大切なことに気づいてもらうためのアプローチをしますし、それが子ども達が見据える素敵な未来をより良くしていくアプローチだと思いますね。

それに加えて、野口先生からの教えをプラスαしておくと・・・

『教育の本質は”向上的変容”にあり』というメッセージが印象に残っています。

まさに、上記の子どもがコンビニのレジに並びながらとった行動こそ、向上的変容ですよね~

今まさに自分の目の前で起こっているこの惨劇の中で、何が大切なのかということに気づき、それを自分の行動を変容することで大切なことを実現できた瞬間。

過去の歴史、自分が体験したこと、今世の中や自分のまわりで起こっていること、自分が体験していることから何に気づき、何を変えてきたのか?その繰り返しがその人の人生を創ってきましたし、これからのその人の未来を創っていくということは間違いないこと。

だから、素敵な未来を見据え、それが向上的変容につながるように、そこにある歴史と過去を他人事にせず自分事として学ぶクセ付けをしていくことが大切なんだと思います。

『どう気づき、どう思い、どう自分を変えたのか』

人生はその積み重ねなのでしょう。それを真剣にやり続けることは、まさに自分を大切にしていく行為そのものなのかなと思いますね。

今日は、11年前の東日本大震災と、今起こっている戦争のことなどを思いながら、あらためて感じることを整理してみました。

お読みいただいた方の何かのヒントと未来のハッピーに少しでもつながれば幸いです。

0

一覧を見る